ホーム > 労働保険事務代行

労働保険とは

労働保険は、労災保険と雇用保険の総称で、雇い主としての義務と責任を果たし、労働者やその家族の生活を保護するために、労働者を1人でも雇い入れた場合は加入が必要です。
この場合の従業員とは、青色事業専従者を除きます)

雇用保険

労災保険とは、労働者が業務上の事由または通勤によって負傷したり、病気に見舞われたり、あるいは不幸にも死亡された場合に、被災労働者や遺族を保護するために必要な保険給付をおこなう制度です。もし、未加入で、労働災害が発生し労災給付をおこなった場合、事業主は、遡及して保険料を徴収されるほか、労災給付に要した費用の一部を徴収される場合もあります。

給付内容 保険料率(平成28年4月現在)
療養(補償)給付、休業(補償)給付、
傷害(補償)給付、障害(補償)給付、
遺族(補償)給付、葬祭料(補償)給付、介護(補償)給付
1000分の3~(業種によります)
全額事業主負担です

労災保険

雇用保険とは、労働者が失業した場合、および労働者について雇用の継続が困難になった場合に、労働者の生活および雇用の安定を図るとともに、再就職を促進するために必要な給付をおこなう制度です。

給付内容 保険料率(平成28年4月現在)
失業給付・教育訓練給付・雇用継続給付等 【事業主負担分】
1000分の7(建設業は1000分の9)
【労働者負担分】
1000分の4(建設業は1000分の5)

労働保険とは

労災保険

当会は、厚生労働大臣の認可を受けて、事業主が行うべき労働保険の事務処理を委託された労働保険事務組合です。労働保険に関する給付、従業員の加入・退職などの事務手続きおよび年度更新等の事務を、事務手数料をいただくことで、事業主様(個人事業者および法人の会員)に代わっておこなっています。

事務手数料

会員サービスの一環として、格安の手数料で事務代行をおこなっています。

労働者数 年間事務手数料
1~4人 4,000円
5~9人 6,000円
10人以上 10,000円
メールでのお問い合わせはこちら
教えて!青色申告会ってどんなところ?

青色申告会は、個人事業者に分かりやすく納得のいく、帳簿記帳や税について指導活動を行っています。


事業を運営していく中で、帳簿記帳や税に関する専門的な作業時間を費やすことは事業者の方に大きな負担となっているのが現状です。


そこで、青色申告会が各種指導や講習会を通し、事業者皆様の負担を軽減するサポートをさせて頂いております。

  • お問い合わせ
  • 電話0428-23-0108 受付時間 月曜から金曜 午前9時から午後5時まで
  • メールでのお問い合わせはこちら
入会をご希望の方はこちら
入会申込みフォーム
西多摩8市町村をカバー

青梅市、福生市、羽村市、あきる野市、 瑞穂町、日の出町、奥多摩町、檜原村

青梅青色申告会Facebookページはこちら
  • 保険のプロに聞ける生面ほけん相談室
  • 新規会員紹介でクオカードプレゼント
  • 国税電子申告納税システム「e-Tax(イータックス)」
  • 職員コラム
  • 社団法人青色申告会職員ブログ 西多摩あおいろ通信
このページの先頭へ